【ヒルトン クチン】宿泊記 ヒルトンステータスマッチ ダイヤへの道④ アップグレードとラウンジも!

ヒルトンステータスマッチ2022に参加することにしたので、ダイヤモンド獲得に向けてヒルトン系ホテルに宿泊することになりました。 →ヒルトンステータスマッチについてはこちらの記事を参照

国内だと宿泊費用がかなりかかるため、できるだけ安く済ませられる海外にてヒルトン系ホテルを利用することにしました。

その第4弾が【ヒルトン クチン/Hilton Kuching】です。

今回は【ヒルトン クチン】に宿泊した際の様子などについてシェアしたいと思います。

【ヒルトンクチン】について

ヒルトンホテルズ&リゾーツグループはコンラッドホテルなどの最高級ブランドから、高級ホテルのヒルトン、中級〜高級クラスのダブルツリーバイヒルトン、そして中級ホテルのヒルトンガーデンイン、エコノミーブランドのハンプトンバイヒルトンなどから構成されています。

【ヒルトンホテル】は高級クラスホテルとのことですが、マレーシアでは比較的安く宿泊できるホテルになっています。

今回はマレーシア サラワク州クチンにある【ヒルトンクチン】に宿泊しました。

【ヒルトンステータスマッチ】ダイヤモンド修行でこれまで宿泊したホテル一覧とかかった費用についてのまとめ記事はこちら↓

関連記事

今回ヒルトンのステータスマッチにマリオットゴールドから挑戦し、無事に申請が通りました。 今回はダイヤモンド会員目指す中で宿泊したヒルトン系ホテルの一覧と、かかった宿泊費の合計についてご紹介します。 ヒルトンステータスマッチとは ヒルトンホ[…]

ヒルトンステータスマッチ

【ヒルトンクチン】へのアクセス

【ヒルトン クチン】はマレーシアのサラワク州の州都クチンにあります。

クチンへはマレーシアのクアラルンプールから、またはシンガポールから飛行機でアクセスすることができます。

クアラルンプールからは約2時間、シンガポールからは約1時間半でクチン空港まで行くことができます。

空港から【ヒルトン クチン】まではタクシーやGrabを利用する形になると思います。私はGrabを利用しましたが、時間帯によって多少の差はありますがRM20前後で行けると思います。

Grabは本当に便利なので、マレーシア・シンガポール界隈の旅行の際は是非ご利用をおすすめします。

【ヒルトン クチン】実際に宿泊した時の様子

それでは早速ホテルの様子についてご紹介したいと思います。

予約した部屋と値段

今回予約したのは、一番下のランクの部屋で【キングヒルトンゲストルーム(33m2)】でした。一番安い予約変更不可のプランにしました。

予約した12月はホリデーシーズンのため、通常よりも高めの値段だったかと思います。予約時1泊RM303、それにTaxなどかかりトータルでRM321.18(クレジットカード支払額10,229円)でした。クレジットカードのレートは1RM=31.848でした。

それでは早速実際に宿泊した時の様子をご紹介いたします。

外観とロビーの様子

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらは川側の道路からみたホテル外観です。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらホテルの入り口です。Grabを使うとこちらのエントランス側に到着します。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちがらロビーになります。クリスマスシーズンだったので、大きなツリーが飾られていました。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

夜到着だったのですが、さらに飛行機がディレイして22時すぎの到着となりました。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちら昼間のロビーの様子です。

一番下のランクの部屋を予約していましたが、エグゼクティブルームに変更していただけました。

実際のお部屋のルームツアー

それでは実際に宿泊したお部屋をご紹介したいと思います。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

宿泊したのはこちらの825号室のお部屋でした。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3
ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらがアサインされたお部屋になります。ご覧の通り入ってすぐはリビングルームになっています。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

玄関横にはミニキッチンもありました。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

ソファーもあり、テーブルにはナッツなどのおつまみが置いてありました。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらがベッドルームです。

予約したのは一番下のランクのお部屋で【キングヒルトンゲストルーム(33m2)】でしたが、アサインされたのは【キングエグゼクティブスイート(56m2)】でした!

驚きの大幅アップグレードとなりました。到着時間が遅く、翌日も昼前には出発しなければいけなかったので、滞在時間が短くて残念でした。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

クローゼットにはバスローブが1着とストールのようなマットのようなものが置いてありました。もしかするとお祈り(イスラム教の)の際に利用するものかなと思いました。

アイロンとアイロン台、そしてドライヤーもこちらにありました。

シャワールームとその他アメニティ類

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

バスタブ付きのバスルームでした。シャワールームが個室になっていました。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらアメニティです。シャンプー・コンディショナー・ボディーソープ・ボディーローション・固形石鹸がありました。またシャワーキャップと歯ブラシセットもありましたが、髭剃りはありませんでした。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

ミニキッチンに置いてあるコーヒーセットです。お水はプラスチックボトルではなく、瓶のボトルでした。

お水が足りない場合は、エントランスを出てすぐのところにセブンイレブンがありましたので、そちらでも購入することができると思います。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらリビングルームからの眺めです。リバービューだともっと景色が良いと思います。目の前にはTuneホテルがありました。

レストランでの朝食

ヒルトンゴールド(仮)ステータスなので、朝食も無料でいただくことができます。通常はレストランでいただくのですが、今回はエグゼクティブルームなのでラウンジでいただくこともできます。今回は・・・どちらも行ってみることにしました。

まずはレストランの様子をご紹介したいと思います。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらで受付をして自分で席を選ぶ形でした。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

Makan Kitchenというレストランです。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

ドリンクなどのコーナー

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3
ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

フレッシュジュースコーナー

パイナップルジュースがとっても美味しかったです!

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

コーヒーマシーンとサラダのコーナー

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

各種料理ごとにコーナーがわかれていました。ここからはインディアンコーナー

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3
ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

カレーなどインド系料理がそろっています。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

チャイニーズコーナー

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3
ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

点心や中華系のホットミールが揃っています。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

マレーコーナー

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3
ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

マレー系料理のコーナーではラクサやコロミーなども調理してもらえます。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

実際にサーブしてきたものです。ラウンジにも行きたかったので、ちょっと控えめにしたつもりです。写真のサラワクラクサも美味しかったです。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

そしてコロミー。これもサラワク名物です。この味付けも美味しかったです。

ラウンジの様子と朝食

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらラウンジの入り口です。スタッフの方がいらっしゃるので、利用したい旨を伝えると案内してもらえます。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

朝食の時間帯はこのように入ってすぐ軽食が用意されていました。一面窓でとても明るくて開放的な雰囲気です。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

ラウンジ自体はそんなに大きくはありませんでした。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

ラウンジ内の座席です。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

フルーツやチーズなど、パンなどもあります。

また卵料理については注文すれば調理したものを運んできてもらえます。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

ラウンジではパンとこのほかにハーフボイルドエッグをお願いしました。

コーヒーなどもスタッフの方が準備してくださいました。

全体的にはレストランのほうが品数も多いため、朝食をとるならレストランがおすすめです。

ラウンジは人が少ないため、たくさん食べる必要がなく、ゆったり過ごしたい方はラウンジ利用でもよいかもしれません。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

朝早い時間は窓の結露がすごかったのですが、リバービューでとても眺めがよかったです。

今回夜の時間帯に利用することはできなかったのですが、夜の時間はおそらくこのようなライトアップの様子も見れるのではないかと思います。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらはホテルからの眺めではなく、川沿いの道で撮った写真ですが、ラウンジやリバービューのお部屋からはこのような景色も見ることができると思います。

その他の設備

今回写真に収められなかったのですが、プールとジムもあります。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

こちらは部屋の窓から見えたプールの様子です。

ヒルトンクチン
Photo by:hachiware3

ホテルロビーのフロアにはカフェもありました。

【ヒルトン クチン】のメリットとデメリット

実際に宿泊してみて感じたよかった点、残念だった点などについて個人的な感想になりますが、参考までにシェアします。

メリット・良かった点

まずは良い点ですが、大幅アップグレードをしていただけたのでラウンジ利用ができました。

そのラウンジからの眺めがとてもよかったです。もう少しゆっくり滞在することができればラウンジでもっとくつろぐことができたのではないかと思います。

アサインされた部屋がスイートルームのため、部屋がとても広く、作業デスクも広くてよかったです。

レストランでの朝食も種類が豊富で、かなり満足度が高かったです。

また川沿いを散歩することもできて、ウォーターフロントなので立地的にも良いと思います。

またスタッフの方も皆さん親切だったので、安心して利用することができました。

デメリット・悪かった点

次に残念だった点ですが、施設全体が古い建物のため、どうしても設備類の古さが気になってしまいました。

また、清掃のクオリティも前日に宿泊したシンガポールのWESTINとくらべるとどうしても不十分な感じがいなめませんでした。そこは東マレーシアクオリティと割り切るしかないかもしれません。特に水回りや鏡などはもう少し清掃が行き届いていたらよかったなと思いました。

ミニキッチンとダイニングテーブルエリアの床がなぜかずっと湿っていました。おそらく下の階の空調の影響なのかなと思いますが、そのあたりからも設備面の古さを感じました。

hachiware3まとめ

いかがだったでしょうか。

マレーシアの東側を訪れることはあまりないかもしれませんが、東マレーシア(ボルネオ島)も魅力的な場所です。

クチンは観光客も多いのですが、なかなか良いホテルを見つけるのが難しいです。

その中でヒルトンは一定の水準を満たしているので、安心して利用できるホテルの一つだと思います。

この記事が少しでもホテル選びの参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

今回ヒルトンのステータスマッチにマリオットゴールドから挑戦し、無事に申請が通りました。 今回はダイヤモンド会員目指す中で宿泊したヒルトン系ホテルの一覧と、かかった宿泊費の合計についてご紹介します。 ヒルトンステータスマッチとは ヒルトンホ[…]

ヒルトンステータスマッチ